【4月新ドラマ】石原さとみ主演!アンサング・シンデレラ【2020】

国内ドラマ
スポンサーリンク

連ドラ史上初「病院薬剤師」が主人公のドラマ「アンサング・シンデレラ」。

ストーリーは?
キャストは?
原作はあるの?

気になるドラマの最新情報まとめてみました!
(随時更新していきます)

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋

アンサング・シンデレラの放送日

フジテレビ系・毎週木曜/夜10時〜
(2020.4月スタート)

アンサング・シンデレラのキャスト

役名 キャスト
葵みどり 石原さとみ
相原くるみ 西野七瀬
小野塚綾 清原翔
刈谷奈緒子 桜井ユキ
羽倉龍之介 井之脇海
工藤虹子 金澤美穂

(情報解禁次第更新します)

アンサング・シンデレラのスタッフ

脚本 黒岩勉 「グランメゾン東京」
プロデュース 野田悠介 「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」
演出 田中亮 「コンフィデンスマンSP」

アンサング・シンデレラのあらすじ

葵みどり(あおい みどり)は、薬剤師になって8年目。

みどりのモットーは、「薬は患者の今後の人生に繋がる。だからこそ、その人自身を知る必要がある!」

1人でも多くの患者さんを救いたいと思う気持ちが強すぎて、ついつい深入りしすぎて、先輩に叱られる事も。

全ては患者さんの“当たり前の毎日を取り戻すため!”

アンサング・シンデレラ意味

アンサングには「褒められない」という意味があります。

今までの自分を思い返してみると、医師や看護師に感謝したことはあれど、薬剤師に感謝したことはありません。

しかし、薬剤師は「私たちを陰から支えてくれている」大切な存在です。

医師や看護師のように褒められなくても、患者を支え続ける。

薬剤師は、まさに“アンサングヒーロー=縁の下の力持ち”です。

病院薬剤師の仕事って?

薬剤師の主な仕事は、

・医師の出した処方箋に基づいた、調剤や服薬指導
・医薬品の管理・販売

です。

そして薬剤師は、「医師の出した処方箋に異議を唱える」ことができる唯一の存在です。

私は原作のマンガを読むまで、この事を知りませんでした。

(ちなみに、医師に処方箋の疑問点を確認する事を、専門用語で「疑義照会」と言うそうです)

医師も人間なので、残念ながら100%ミスをしない!とは言い切れません。

そこで、薬のエキスパートである薬剤師がチェックする事で、ミスを防いでいるんですね!

病院薬剤師は、病院内にある薬剤部で働く薬剤師さんのことです。

アンサング・シンデレラの原作

原作は「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」

原作は「月刊コミックゼノン」で連載中の「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」。
(作者:荒井ママレ/医療原案:富野浩充)

原作との違い

原作の主人公は入社2年目ですが、ドラマでは8年目となっています。

なので、ドラマでは持ち前の真っ直ぐな姿勢はそのままに、少し大人な雰囲気なみどりになるんじゃないかな?と予想しています。

8年目と2年目じゃ、全然違いますからね…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました